2010年01月22日

<八ッ場ダム>千葉県の負担金差し止め訴訟 市民団体側敗訴(毎日新聞)

 国が群馬県長野原町の利根川水系吾妻(あがつま)川に計画する八ッ場(やんば)ダムについて、千葉県が建設事業負担金を支出するのは違法として、市民団体が県知事らに負担金の支出差し止めなどを求めた住民訴訟で、千葉地裁(堀内明裁判長)は19日、原告の訴えを棄却した。原告は控訴する方針。

 判決は「八ッ場ダムによる水源の確保が必要との判断は合理的な裁量範囲で、治水上の利益がないとは言えない」とし、県の負担金支出を適法とした。

 原告は「八ッ場ダムをストップさせる千葉の会」の51人。「県の水需要予測は著しく過大で、今の保有水源で間に合う。支出に合理的な根拠はなく、地方自治法などに違反する」と主張し、県側は「利水と治水の両面で必要なダムで支出は正当」と反論していた。

 同様の訴訟は利根川流域の6都県で起こされ、東京、前橋、水戸の各地裁でも原告が敗訴している。【神足俊輔】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟
八ッ場ダム:地元意見交換会、24日に開催…国交相発表
八ッ場ダム:早期完成求めて決議 建設推進協
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元
雑記帳:CD「八ッ場エレジー」やるせなさ託し

部分日食 日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
ドラマ「神戸新聞の7日間」、関西の視聴率19・3%(産経新聞)
「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
「しっかり説明を」=小沢氏に−前原国交相(時事通信)
父の忍耐しのぶ=直木賞の白石一文さん(時事通信)
posted by ナカムラ セイゾウ at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。